本文へスキップ

ご相続や離婚など、各種協議書をはじめとする書類の作成を承ります。

ご相談は2回を無料で承ります。
TEL. 042−534−9425

ご相続や離婚問題などご家族を法務でサポートいたします。

              当サイトへのご訪問、まことにありがとうございます。

       ご家族に『法律』が必要になるとき。

       〜 財産についての権利や義務をあきらかにしておくために 〜

 ご相続と離婚は、『お別れ』が伴っている、という点で共通しています。

 そして、それによって今までの権利や義務をどなたが引き継ぐのか、あるいは引き継がないのか?また、それらの権利や義務をどのように複数の方に振り分けるのか?、というような取り決めが必要になる場合があります。

 この取り決めに際しての基本は、まず当事者の方々によるお話し合いです。

 もし、このお話し合いがまとまらなかった場合は、『調停』など、第三者を交えての協議のうえでの合意を図る方法があります。そして、ここでお話しがまとまれば、その合意内容は裁判で下される『判決』と同様の法的な効力をもつことになります。

                

 もっとも、このような段階に至らず、お話し合いのうえでお互いが合意して特に何の約束もなく財産を分けることになれば何よりです。

 しかし、もし、話し合いによる約束が結ばれたとしても、後になってこの約束が実行されない状況になってしまった場合、約束の証拠となるものが無ければ、結果的に当事者同士が争うことになってしまいかねません。

 私どもがご提案する
『遺産分割協議書』『離婚給付契約書』は事後に起こり得る争いを予防し、その合意内容を明確に記すための方法のひとつです。

 また、このほか、
『遺言書』『死因贈与契約』を含め、これらを『公正証書』にすることによって、その実行をあらかじめ法律の面から促すことも有効であろうかと考えます。

                

 
『お別れ』は何かの『始まり』でもあります。『始まり』に際してのご安心のために必要な方法について、私どもはそのお手伝いをさせていただきます。

                      
               どうぞ、よろしくお願いいたします。

                                     喜多村 行政書士事務所
                                  行政書士 喜多村 淳


                                          

バナースペース

  喜多村 行政書士事務所


     事務所代表
  行政書士  喜多村 淳

   

日本行政書士会連合会 
  第 12080676 号 登録
東京都行政書士会
  第    9030 号 登録

〒190−0031
東京都立川市砂川町8−82−9
武蔵砂川ロイヤルハイツ101

TEL 042−534−9425
FAX 042−534−9727


  <ご相談時間のご案内>

・電話でのご相談
 初回ご相談のご連絡につきまして は、こちらのボタンクリックから
 移動するページのカレンダーをご
 参照くださいませ。
       
    クリック

スマートフォン版